目を酷使している人へ

ブルーベリー

パソコンを使って仕事をする人が増えてきて、スマートフォンに顔を近づけながら操作している人も多くなっています。このことが原因となって目が疲れて痛くなってしまう人もたくさんいるでしょう。これは普段から多いことなので、痛みが引いて時間が経つとこのことを忘れてしまいます。ですが、目の疲れや痛みが長い期間続くことがありますが、この状態のことを眼精疲労といいます。眼精疲労は自然には治りにくい病気で、早めに対応しなければ悪化してしまいます。それだけではなく、目の疲れは他の病気の影響で起きているという可能性もあります。ですから、ただの疲れと思わずに早めに病院に行くようにしてください。眼精疲労は目が疲れるだけでなく、ものがぼやけて霞んで見えるなどの症状がでます。それ以外には目が充血したりしょぼしょぼするなどの症状があります。身体には頭痛やめまいや吐き気がするといったことも眼精疲労によって起きます。
目の疲れをとるには目の周りにある骨を指で抑えたり、こめかみや首筋をマッサージすることで疲れがとれます。それ以外には、温かいタオルをまぶたにのせたり湯気でまぶたを温めるのも効果があります。また、メガネを掛けている人はレンズの度数があっているかどうかも影響します。フレームが顔に食い込んでいたりレンズが傷ついていて見づらいといったことも関係してきますので、自分にあったメガネを選んでください。後は日頃のストレスを発散させることも大切です。また、サプリメントも眼精疲労に良いとされている商品もありますので、眼に栄養補給をしていきましょう。